ゆっくり走るジョギング ~スロージョギング~

減量をするために運動をされている方は多いと思います。

しかし、闇雲に運動をしてもムダが多いというものです。

以前に運動をしても、消費量は思ったほど上がらないお話をしました。

「えっ?こんなに低いの?」というお話をしました。

しかし、今日は朗報です!

 

皆さんは運動の消費カロリーの計算が難しいと思ったことはありませんか?

その理由として、運動の種目や体重を式に絡めて計算しないといけないからです。

本には専門用語のMetsだとか、エクササイズだとか一般の人には聞きなれない言葉が出てきます。

しかし、移動に関わる運動ならば計算は簡単です。

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • ノルディックウォーキング

これら3つが非常に計算が楽です。

 

今日はウォーキングと比較してジョギングについてのお話を!

 

●ウォーキングの場合の消費量

1km歩いて自分の体重の半分のカロリーが消費されます。

70kgの人なら1km歩いて35kcalです。

こんな式になります。

ウォーキングの消費量=0.5kcal/kg/km


●ジョギングの場合の消費量

1km歩いて自分の体重のカロリーが消費されます!

70kgの人なら1km歩いて70kcalです。

こんな式になります。

ジョギングの消費量=1.0kcal/kg/km

 

すっごく単純です!誰でも計算できます。

ここで重要なのは2倍も差があるということです。

同じ体重の人(仮に70kg)が一緒に4km移動した場合、

ウォーキングなら140kcal

ジョギングなら280kcal

ということです。

つまり減量のスピードはウォーキングとジョギングでは2倍違うということです。

脂肪1kgの減少は7200kcalをエネルギー収支でマイナスにしないといけません。

ウォーキングなら毎日続けて50日でやっと1kgです。

しかし、

ジョギングなら毎日続ければ25日で1kgマイナスです!!!

 

でも「ジョギングはきついですよ!!」という反論があるかもしれません。

 

しかし、ここで大事なのはスピードは関係ないのです。

ジョギング=速い移動

というイメージがあると思います。

しかし、減量という観点から考えた場合、スピードを上げてきつくしなくても全然大丈夫です

歩くほどのスピードで走っても、距離が同じであれば消費量も同じです。

 

特にさっき示した3つの運動の中でジョギングは最も消費量が高いので見逃せません。

 

最近、巷ではゆっくり走れば痩せられるというスロージョギングが流行っています。

減量しなければならない方にとっては、朗報です!

 

皆さん、「走る=きつい」という常識を覆して、歩くほどのスピードでゆっくりスロージョギングしてみませんか?

思った以上の効果が出ますよ!

私もその実践者です!

6年前、3ヶ月で10kg体重を落として淀川市民マラソンを完走しました。

6年前はスロージョギングという言葉があったかは知りません。

今注目されているスロージョギングの生みの親は福岡大学スポーツ科学部の田中宏暁先生です。

先生にこの理論を教えてもらってなかったら、あの時の減量の成功はなかったと思います。

本当にありがたいことです(^-^)

 

注意:もちろん、摂取カロリーは抑えないといけませんよ~!笑